スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.08.15 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

めぐり逢い

さくらとミーちゃん
PENTAX SF7 紙焼き→スキャン

5年前のある日、1匹のノラネコが咥えてきた4匹の子猫。
最初は家族全員「困ったことになったなぁ」という一様の思いだった。
しかし世話をし始めて月日が経つうちに、すっかり愛着が…。

1年経って4匹のうち2匹がいなくなり、残ったのはメス2匹。

その後4年間生活を共にした2匹は、今ではかけがえのない家族の一員となっています。




さくら達の親ネコです。初めてこの猫にエサをあげたのは子猫を連れてくる1年ほど前。
その後も何度かあげたことがありましたね。 それを覚えててか、しばらく姿を見せなく
なった後のある日、自分に似た模様の子猫を1匹咥えて連れて来ました(それがミーちゃん)

しばらく様子を窺い「ここなら安心」と思ったのか、その1週間後には残りの
3匹の子猫をいっぺんに連れて来ました(^^; 
その後子猫がおっぱいを飲まなくなり、家の者が与えたエサを自分で食べるようになると、
親猫はいつの間にかどこかへ行ってしまいました。






それから9か月くらいが経つと、まだ1歳に満たないさくらとミーちゃんがいつの間にか妊娠。
そしてほぼ同時に出産。それぞれ3匹と4匹を生み、さくらの子は残念ながら生後まもなくに
1匹死んでしまいました。

この写真を見ると、お母さんしてたんだな〜と思いますねw

一気に6匹も子猫が増え、「これはさすがに…」と困っていたところ、たまたま近所に
無類の猫好きの人がいて、子猫を全て預かってくれました。
そしてミーちゃんの子4匹は里親が見つかり、今ではその家で可愛がられている様子。




里親が見つかる前、6匹勢揃いの写真。
一番手前の1匹と奥の3匹がミーちゃんの子。真ん中の2匹がさくらの子。
中には完全な茶シマの子もいるのがなんとも面白い(^-^)




…で、残った2匹はその後どんなんなったかというと、




こんなんなっちゃいました〜w (※これは去年の冬の写真)
子猫の時とはエライ違いです(笑)

もちろん今はまた別の可愛さがありますけど…ネ!

スポンサーサイト

  • 2014.08.15 Friday
  • -
  • 22:04
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

関連する記事
コメント
ミーちゃんたちのお母さんが健気なのに感動しました。みけさんたちを信頼できる人たちなんだなと判断したんでしょうね。
「よろしいでしょうか・・・」と伺いを立てるような控えめな行動。。。涙。
ミーちゃんとさくらちゃんのドラマはここから始まっていたのですね。
いいお話をありがとうございました。
それにしてもみんな里親さんが見つかってよかった。(。。)(^-^)(。。)(^-^)うんうん♪

下から二番目の「全員集合写真」は家宝級ですね(^-^)
  • sof
  • 2004/11/08 1:01 AM
あーあ。。。またもやTBが重複。。。
すみません <(_ _*)>
  • sof
  • 2004/11/08 2:28 AM
あ、TB重複はいいですよ〜w
昨日の夜はJUGEMめちゃくちゃ重たかったと思いますが、
そんな中コメントしていただきどうもありがとうございますm(_ _)m

最初にミーちゃんだけ連れてきたのは、兄弟の中で彼女が一番しっかりしてる
と判断したからだと思うんですよね。さくらに比べるとお姉さんって感じがします。
今でも、何か要求する時の鳴き声はさくらはずっと鳴き続けるのにミーちゃんは
1、2回だけだし、一人でどこかに出歩くのが多いのもミーちゃん。
エサの食べ方もさくらの事を考えて食べてるのが見ててよくわかります。

この親ネコはそのあと別の場所で新たな子猫を連れてる姿を目撃しましたw
しっかりしたお母さんネコだったと思います。
全員集合の写真は預け先の家で撮ってくれたものですね。
とてもよく撮ってくれたので嬉しかったです(^-^)
  • みけ
  • 2004/11/08 8:09 AM
なんだか感動しました。
みんな生きるのに必死なんですね。

うちのチビは飼い猫になったきかっけが、
飼っていた犬が、犬小屋に隠し持っていたところを発見されたからだそう。
まだ産まれたてで、小さな目には泥が入っていたそうです。

今ではすっかりおばあちゃん猫ですが、たまに目の調子が悪く、真っ赤になって涙を流しています。
もしかしたら小さい頃の泥が原因かもしれません。
>ちびこさん
ウチの猫も子供の頃は目の具合がよくない時が多くて大変でした。
6匹並んだ写真、窓際の子の顔をよく見るとわかるかもしれませんが、
この子はバイ菌が入り炎症を起こしたせいで左目を失明してしまいました。

犬猫病院の先生の話では「カリシウィルス」という菌が原因とのこと。
この子以外の猫も目ヤニで目が塞がってしばらく開けない時が何度かあり、
心配しましたね。 捕まえて開かせるのもなかなか難しいかったし…。

犬が連れてきたのはやっぱり母性本能が働いたんですかね〜。
もしその時の写真があるのなら是非見てみたいですねw
  • みけ
  • 2004/11/09 9:39 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
ブラウザの「戻る」でSTOPします。
  • *** CCC ***
  • 2004/11/08 1:09 AM
ブラウザの「戻る」でSTOPします。
  • *** CCC ***
  • 2004/11/08 1:13 AM
☆今日はあっちこっちへと出かけました☆ 秋も深まりましたが行く先々で花達はまだまだ元気に咲いてましたo(*'▽'*)/☆ 特に何がと言うわけではないのですが2004年11月7日に小生が出会った花々です。 写真の方はいつもよりサイズを大きくしております♪
  • Tripper
  • 2004/11/08 2:32 AM

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

書いた記事数:227 最後に更新した日:2014/08/15

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM