スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.08.15 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

30年前のカメラ



父が昔使っていたカメラ、Canonの「FTb-n」を倉庫から出してきました。

カメラケースに入ってはいたものの、手入れもせずに15年以上もそのままになっていたので
相当な汚れ。アルコールを使って念入りに拭いたらだいぶキレイになりました。

KITAMURA's CAMERA MUSEUM [カメラの博物館]:CANON FTb
ラピタフォーラム:CANON FTb

このカメラは私も子供の頃に何回か使った事があります。
ファインダーを覗くと、



こんな感じ。

左下にシャッタースピードが出るのがFTb-n('73製)、出ないのがFTb('71製)。
中央の円部分がピントを合わせる場所で、ピントが合わないとモザイクがかかったような表示に。
レンズを回してクリアーな、見たままの画像になったらピント合わせはOKです。

右側にある輪っかと針で露出合わせ。輪は絞りを絞ると上のほうへ移動し、針は光の量で
上下します。 輪の中に針が入ればそこが適性露出という実にわかりやすい作り。
だから小学生だった私でも簡単に撮影できたわけですね。




付いてたレンズはCanon FDレンズ50mm S.S.C でした。
絞りはF1.4〜16までの手動切り替え。




プリズム下部の周りに付いてるスポンジは触れただけでモロモロと崩れてしまった…。
他の部分は特に問題なし。綺麗なもんです。




右のダイヤルでシャッター速度とフィルム感度を設定。左にあるのが露出計。
露出計のわきにはボタン電池をセットする所があり、電気が使われるのは露出計にのみ。
あとは全て非電動、機械制御のカメラですね。




露出計の上部にあるフィルム巻上げクランクを上に引っ張ると裏蓋がオープン。
右上に付いてる紙は親父が貼った露出値の目安表のような物。(セロテープは汚れてたので交換)


手に持ってみると、とにかく頑丈。そして重い!
ボディは横にやや幅広で薄く、手の大きい私には丁度よく収まる大きさですね。

あとシャッター音がイイです。ガショーンって。
FZ-20の動画でほんのちょっとだけ録ってみました。

FTb-n シャッター音動画 (※注:クリックすると音出ます)

テーブルに置いてるんでやや反響してますが、なかなかいいでしょ?


折角だから今度フィルムを入れて何か撮ってみようかな…。
ただ露出計には今はもう生産中止になった水銀電池が必要なので、
代用となる酸化銀電池を入れるアダプタを買わないといけないんですけど。

デジカメで測光して同じ数値に設定して撮るという手もあるかなw

スポンサーサイト

  • 2014.08.15 Friday
  • -
  • 21:43
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
この企画、面白そうですね。
デジカメと銀鉛の比較を、ぜひ見てみたいです。
私の場合、以前撮ったものは全て“ピント合わせてただ撮るだけ”って感じで、
カメラの知識や技術的な事には全く無知でしたからね〜。
リバーサルフィルムなんてのもどういう物か知ったのはごく最近。
意識して撮るのは初めてと言っていいですねw
酎犬さんも銀塩カメラ持ってたら何か撮ってみてくださいね〜。(見てみたいので)
  • みけ
  • 2004/11/12 8:31 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

書いた記事数:227 最後に更新した日:2014/08/15

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM